新規事業開発や新商品開発の推進でもっとも大切なこと「楽しむ!」

仕事 楽しむ

まだ世の中にない、誰もやっていない新規事業や新商品を企画し推進していくことは、前例のない課題解決や分からないことばかりで困難の連続です。

さらに、
・たくさんの人に協力をお願いし
・時にはボロクソに言われたり
・笑われたり
して、数々の課題を解決していく必要があります。

これら企画の推進でもっとも大切なことは何かというと、それは企画の推進自体を「楽しむ!」ことです。

楽しんでやらないと途中で挫折してしまいます。

私自身も企画推進は大変な記憶ばかりですが、今となってはそれが楽しかった思い出になっています。

大変だったプロジェクトほど、何年もたった今でもその頃のメンバーと「あの時、本当に大変だったなぁ」「協力お願いに行って、ボロクソに言われたなぁ」など、懐かしく話しています。

私なりのプロジェクトが楽しい要素、楽しむコツについてお伝えします。
どうせやるなら楽しんでやりましょう。

● なぜプロジェクトを楽しむのか?

プロジェクト推進は、うまく進んでいる時はみんな協力してくれますが、うまく進んでいないときはすーっと波が引くように人がいなくなります。

新規性が高いほど、周りからバカにされたり、笑われたり、あるいは反対されたりするものです。

これらを乗り越えてプロジェクトを推進していかなければなりません。
楽しめないと、途中で心が折れてしまい、挫折してしまうこともあります。

いちいち気にしていては進められません。
ある意味、鈍感力も必要ですね。

大きな視点でプロジェクトをとらえ、細かい周囲の雑音は気にせず、企画の立ち上げを楽しみましょう。

まだ誰もやっていない新しいものを立ち上げることは、やりがいも満載、楽しいものです。
困難もありますが、それも含めて楽しみましょう。

● プロジェクトが楽しい4つの要素

では、何が楽しいのか?

人によっていろいろだと思いますが、私が楽しんできた要素を4つあげてみます。

■新しいものを立ち上げるのは何より楽しい
■形が出来上がっていくのが楽しい
■課題解決をひとつひとつ楽しむ
■プロジェクトメンバー、協力してくれる人たちとの達成を楽しむ

■新しいものを立ち上げるのは何より楽しい

これはそのままですね。

まだ世の中にない、まだ誰もやっていないものを立ち上げるのは何より楽しくやりがいあるものです。
誰にでもできるものではありません。

そういうプロジェクトをリードできる、あるいは参加しているあなたは幸せ者なはずです。

■形が出来上がっていくことが楽しい

ゼロから生み出した企画が進み、徐々に形になっていくのはワクワクしますよね。

より具体化するために、早い段階でイメージモックアップなどの形をつくりましょう

モックで有名な話に、ウォークマンの父と呼ばれている大曽根幸三さん(元ソニー(株)副社長 )が作った大曽根木型というものがあります。

「これでCDプレーヤーをやってみてくれ」と、ゼネラルオーディオ事業部長の大曽根幸三(おおそね こうぞう)は、13.4cm四方の正方形で厚さが約4cm、CDソフトのジャケット4枚分の厚さの木型(木片を加工したもの)を部下に示した。「中にバッタを入れようがセミを入れようが構わない。とにかく音が出るようにしてくれ」。大曽根の言葉に、居合わせた皆は思わず笑ってしまった。

引用:https://www.sony.co.jp/SonyInfo/CorporateInfo/History/SonyHistory/2-09.html

私も新商品の企画でこれを真似て大きさイメージだけの木型をつくり、プレゼンテーションで
「こんなイメージです!」
とそれを回覧すると、とてもイメージできるものではないのですが、関係者が
「ほぅ!」
とうなずいてくれたのを何度も経験しています。

このようなイメージモックをどんどん最終の形にブラッシュアップしていく、目に見える形で進化させていくのはとても楽しいものです。

■課題解決をひとつひとつ楽しむ

企画がどんどん形になっていくのは楽しいですが、当然その過程では数々の課題を解決していくことになります。

すんなりうまく行くことばかりではなく、うまく行かないこと、時には失敗することも多々あります。

失敗で終わってしまってはプロジェクトは進みません。
それを解決する別の策を必死で探していくことになります。

「プロセスは失敗ではない」と言う言葉があります。
プロジェクトが続く限り、失敗ではありません。

これらの過程、課題をひとつひとつ克服していくのは達成感があり楽しいものです。

■プロジェクトメンバー、協力してくれる人たちとの達成を楽しむ

プロジェクトは一人では達成できません。
プロジェクトメンバーや多くの関係者と協力して進めることになります。

そういった仲間といっしょに達成できることはとても楽しいものです。
苦労したことがよい思い出になったり、後々の話のネタとなります。

よいプロジェクトは苦労はあってもみんなポジティブで楽しい雰囲気があります

私も苦労したプロジェクトメンバーとは何年たってもその頃のことで盛り上がります。
関係者といっしょに達成を楽しみましょう。

まわりをうまく巻き込んでいくのは、企画マンやリーダーの腕の見せ所ですね。

● プロジェクトを楽しむ5つのコツ

とは言え、苦労の方が多いと言う方もいらっしゃると思います。
私なりのプロジェクトを楽しむためのコツを5つ挙げてみます。

■ミッション、目的を明確にする
■タスクを小さく細分化する
■とりあえずやってみる
■高いハードルこそ楽しむ
■成功を具体的にイメージする

■ミッション、目的を明確にする

プロジェクトの社会に貢献するミッション、目的やプロジェクトに対する想いを明確にし、明文化することで、そこに向かって推進することができ、小さいことにはこだわらなくなります。

コツはできる限りイメージを具体化させることです。

具体化できればできるほどそこに向かって邁進でき、すべての活動が楽しくなります。

ミッションの重要性についてはこちらの記事もご参照ください。

■タスクを小さく細分化する

目標達成の方法としてよく言われています。

できる限り小さいタスクに細分化し、小さな達成を積み上げていくのがコツです。
小さくても達成感を味わえると楽しくなります。

難易度の高いタスクほど細分化しましょう。

■とりあえずやってみる

なかなか取り掛かれないタスク、どこから手を付けてよいのか分からないタスクも多々あるはずです。
私も腰が上がらずリストに残ってしまうタスクは当然あります。

そのときは、エイヤでどこからかやってみるのがコツです。
やってみると何らかの様子が分かったり、具体的なタスクに落とし込めることがよくあります。

モヤモヤしていたタスクが片付いていくと楽しくなりますよ。

セルフコーチングで何が制約になっているかを自分に質問してみることも有効です。
その制約をひとつひとつのタスクに細分化し、解決していきましょう。
案外たいした制約がないことも多いです。

■高いハードルこそ楽しむ

新規性が高いと当然各タスクのハードルは高くなります。

低いハードルは誰でも超えられます。
高いハードルをどう乗り越えるかが企画マンやリーダーの腕の見せどころであり、新規事業立ち上げの醍醐味でもあります。

ハードルが高いタスクこそ楽しみましょう

■成功を具体的にイメージする

これが一番重要かもしれません。

プロジェクトが成功したシーンを具体的にイメージし、その時の気分を想像します。
具体的にイメージできると楽しくなるはずです。
独りではなくプロジェクトメンバーと行うとさらに具体化できます。

「予祝」という方法をご存じでしょうか?
プロジェクトなどの成功を具体的にイメージするだけでなく、前祝いまでしてしまうと言うものです。

「予祝」によってさらにイメージが具体化されます。
もう成功のお祝いまでしているのだから楽しいに決まっていますね。

私も現役時代に予祝を知っていたらどんなによかったかと思っています。
今はよく使っています。

ただ楽しいだけでなく、具体イメージが明確になればなるほど、そこに向かってどんどん進むので、とてもよいアプローチです。

ぜひお試しください。

予祝については、ひすいこたろうさんの著書が多数出版されていますが、リーダーの方にはこちらもオススメです。

「世界一ワクワクするリーダーの教科書」 大嶋啓介著 きづな出版

● まとめ

新規事業開発や新商品開発の企画推進でもっとも大切なこととして、「楽しむ!」についてお伝えしました。

まだ世の中にない、まだ誰もやっていない新しいものを企画し、導入まで推進していくのは困難の連続ですが、それ自体を楽しまないと途中で挫折してしまいます。

困難や小さい失敗を楽しむ、そして成功に向かって、導入後の社会貢献に向かってワクワクしながらやることが最も大切です。

この気持ちさえあれば、困難は乗り越えられます。

あなたの企画やプロジェクトが楽しくなり、そして成功し、それが世の中に貢献するのを期待しています。

感想などいただけるとうれしいです。
ご質問も遠慮なくお願いします。

 

関連記事

  1. creative

    企画は10%のクリエイティビティと90%のパワー! | 前編:10%の…

  2. ビジネスマン パワー

    企画は10%のクリエイティビティと90%のパワー! | 後編:90%の…

  3. ブレインストーミング

    失敗しないブレインストーミングのコツ! 効果的なやり方と注意点

  4. アイデア

    ファーストワン で差別化を! 世界初、日本初、業界初、○○初 9つの例…

  5. 折れ線グラフ

    他社動向の捉え方―「他社はやっているのか?」に対する二つの解釈

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。