こんなお悩みありませんか?

新規事業を開発したい
が進め方がさっぱり分からない

企画力を強化したい
がアイデアの出し方が分からない

価格競争に陥らない
差別化が明確な商品を創りたい!

技術に自信はある
が売れる商品にならない

ブレインストーミング
やり方が分からない??

第二創業・事業承継
第二の柱となる事業を創りたい!!

ファーストワンパートナーズが
”世界初” ”日本初” ”業界初”
の新規事業開発・商品開発を実現させます。

「 大手だからできることでしょう? 」 「 我々には難しい。。」
そんなことは”絶対”ありません。正しくアプローチすれば必ず実現します。

お問合せはこちらから

ファーストワンパートナーズが選ばれる理由

当社のコンセプトとアプローチ

icon14

”業界初”を生み出す3x3アプローチ

漠然と売れる商品、ヒット商品を狙うのではなく、貴社の強みや今あるアイディアを種にまだ世の中にない新しい事業、商品、サービスを探していきます。
短期的に実現できること、中期的に狙うことを定義し、継続的な戦略をたてます。
それらを売れるか、実現できるか、利益は出るか、継続できそうかなどの視点で検証していきます。
このサイクルを高速でまわすことで事業構想、商品構想を研ぎ澄ましていきます。

icon30

コーチングxコンサルティング

一般的な提案型のコンサルティングではなく、コーチングの技法を用いて企業・プロジェクトの理念、アイディアを引き出し、その実現に向け、ひとつひとつ確実に推進していきます。
提案されたアイディアや企画では、必ず起こる数々のハードルを乗り越えられない、さらに成功したとしても自力で継続させることができないことが多いためです。
そこに弊社の経験、ノウハウをもとにコンサルティングしながら、最短、最速での目標達成をサポートします。

icon19

理念・ミッションファースト

新規事業や商品・サービスだけを検討するのではなく、企業やプロジェクトの理念、ミッションを定義し、そこから新規事業、商品・サービスの企画へ落とし込みます。
プロジェクトは必ず方針変更や調整が発生します。 理念、ミッションがあることで、ぶれずに推進することができ、マネジメント、リーダー、関係者のベクトルもあわせることができます。
プロジェクトが成功した後も、上位理念の実現に向け次の方針が明確になります。

お伝えしたいこと

”業界初”(ファーストワン)で得られる5つのメリット

ファーストワンを狙うことにより、このような5つのメリットがあります
① 漠然と考えず”初”に絞ることで短期間で企画構想がまとまります
② 差別化が明確になることで、売上がアップします
③ メディアに取り上げられやすくなり、会社の認知度がアップします
④ 新規性が明確になり、補助金、融資獲得が有利になります
⑤ 特許取得につながります
他にもファーストワンによるメリットはたくさんあります。
何よりまだ誰もやっていない商品・サービスを世に出すのは企画マン冥利に尽き、企画チーム、関係部署のモチベーションがアップします。

売上アップ
目標達成

正しくアプローチすれば、”○○初”は必ず実現できます

「すごいですね~、、でも難しいでしょう、我々には無理ですよ」
いつも言われる言葉ですが、そんなことはありません。
状況によってすぐに見つかる場合や時間がかかる場合などありますが、正しくアプローチし、粘りさえあれば、必ず実現させることができます。 私の経験上、ファーストワンは、ナンバーワンやオンリーワンを狙うよりはるかに確実なアプローチです。 まだ誰もやっていない、まだ世の中にない商品、サービスをあなたの会社から生み出しましょう。

このような方にはお奨めしません

◆ とにかく売れるものをつくりたい。
→ 新しい市場価値を創造するというのが当社のコンセプトです。
リスクはあってもチャレンジしたい方、いっしょにチャレンジしましょう。
◆ 前例ないものを創るのはリスクがあるため、うまく2番手をいきたい。
→ 2番手狙いも立派な戦略ですが、当社のコンセプトではありません。
◆ アイディアや企画を提案してほしい。
→ 提案型のコンサルタントへの依頼をお勧めします。
当社は潜在アイディアを引き出し、いっしょに企画を進めます。

ビジネス拒否ポーズ
ビジネス握手

このような方はぜひご相談ください。

◆ リスクはあっても、業界初、日本初、世界初 にトライしてみたい
◆ 業界初が自社でも本当にできるのか、ダメ元で相談だけでもしてみたい
◆ 商品開発チーム、新規事業開発チームを強化したい
◆ 第二創業を機に新しい事業やコンセプチャルな商品を考えたい
◆ モノづくりではないが、差別化がうまくできずに困っている

ファーストワンパートナーズ 代表プロフィール

岡橋佳助 写真

白神 敬太(しらかみ けいた)
1967年生まれ、大阪府出身。

ソニー(株)で約25年商品企画、新規事業開発のリーダー、責任者を務める。 「誰もやっていない”世界初”を企画しろ!」というミッションに苦労を重ねながら商品戦略、企画手法を学び、コンスーマー商品企画から業務用ソリューションサービスまで幅広い分野で商品企画、新規事業開発を経験し、100を超えるプロジェクトに携わる。”世界初” ”業界初” も多数生み出し、GOOD DESIGN賞も受賞。
この経験、ノウハウを 「”業界初”を生み出す3×3アプローチ」 に体系化し、ものづくり企業、起業家の支援を開始。 まだ誰もやっていない新しい商品、サービス、新規事業を生み出すサポートに奮闘中。

【 商業出版 執筆中 】
「 新規事業は、世界初・業界初(ファーストワン)を狙え! (仮題)」 鋭意執筆中
秀和システム 様より出版予定

【 保有資格 】
コーチング  :銀座コーチングスクール認定コーチ(認定番号 2001GZ2350)、同横浜校 講師
新規事業・商品開発  :JMCP 日本開発士会 商品開発コーディネーター (認定番号 第600325号)、認定講師
研修講師 : 一般社団法人 人材開発支援協会 認定講師 (認定番号 第57号)

詳しいプロフィールを見る

 

新規事業開発、商品開発のことなら
お任せください

アイデア

どのようにアプローチすればよいか分からない
アイディアの出し方が分からない 

このまま企画を進めて大丈夫か?
企画書のまとめ方が分からない
なぜかいつも
プロジェクトがうまく進まない
企画チームを強化したい

豊富な経験からアドバイスいたします。
アイデア・アプローチシート、企画書テンプレートなども差し上げます。

お問合せはお気軽にこちらからどうぞ

 

よくある質問

Q:業界初の商品やサービスを本当に実現できますか?

A: はい、正しくアプローチすれば必ず実現できます。 逆に明確な差別化がないまま進めることは非常に危険です。  差別化をつくる手法として業界初などのファーストワンをつくることというのが当社のアプローチです。

 


Q:どのような業界に適応できますか?

A: モノづくりやサービスが得意な領域ですが、差別化やコンセプト、ストーリーづくりにお困りの場合、アプローチはどのような業界、業種にも応用できます。

多方面ご相談頂いています。遠慮なくまずはご相談ください。


Q: 対応できない場合もありますか?
A: はい、当然ございます。
めざすものの違い、アプローチの相性、その他責任もってサポートできないなどお受けできない場合もございます。 その場合でも何かしらヒントや考え方などをお持ち帰り頂ければと思っています。